小さなものから大きなものまで身近に起きた幸せをお届けします

九衛門さんの幸福道

未分類

新江ノ島水族館(えのすい)行ってきたよ!オススメのショーは!?

投稿日:

スポンサード リンク

江ノ島にある水族館!そう!新江ノ島水族館、略してえのすいに行ってきました!!

スポンサード リンク

なかなか人気のある水族館みたいで開館と同時に行ったのですが意外と人が多いのにびっくりでした!

まぁ、お盆やすみだからですかね〜。

水族館なんてどこも一緒だろうと思っていましたが新江ノ島水族館は一味違いました!!また行きたい!と思った
新江ノ島水族館のオススメポイントを紹介したいと思います!

絶対に見て欲しいイルカ・アシカショー「きずな/kizuna」

僕が1番驚いたのは、動物たちへのトリーター(えのすいではトレーナーではなくトリーターと呼んでいます)の愛情です。ショーが始まってすぐにアシカとトリーターが出てきて始めたのがアシカの紹介です。しかも、これがただの紹介ではなくて、まさに我が子自慢かのような紹介なのです!

「この子は、魚を持ってるとすぐに寄ってくるんですけど〜、魚持ってないとそっけないんですよねー。でも、そこもカワイイところなんです!うふふ。」的な。

えっ!こんなに我が子(アシカ)自慢するんだ!って衝撃を受けてしまいました。。。

もちろん、最初のアシカだけでなくその後に出てきたのイルカやクジラにも終始愛情いっぱいのトリーターの声がけやスキンシップ、我が子自慢が見られますwww

動物たちのショーのテクニックなんかよりもトリーターと動物との愛情を垣間見るだけでなんだかホッコリと満足してしまいました。

ちなみに、トリーターとは動物たちのお世話をすることとお客様をおもてなしするという意味があるそうです!

午前中のショーにもかかわらず超満員なのもうなずけます。本当にオススメですよ!

しかも、オススメはアシカ・イルカショーだけではない!!

そう!えのすいはクラゲも見所なんです〜!

スポンサード リンク

不思議と心が癒される。クラゲショー

次のオススメポイントはクラゲの宇宙(そら)です!

正直、クラゲが何かするわけではありません。。。ですがこのショーのすごいところは、世界初の3Dプロジェクトマッピングを使った解説にあります!

クラゲファンタジーホール全体を潜水艦にマッピングして相模湾に潜っていきます!潜水艦の窓(水槽)にはクラゲが浮遊していてまさに海の中。

いや、クラゲの宇宙(そら)そのもの。

クラゲの歴史やトリビア的なものまで楽しめる内容になっています。

ただ、クラゲを見ているだけでなんだか癒されてしまうのは僕だけではないはず。

そして、潜水艦つかながりでオススメなのがしんかい2000です!!!

メカ好きにはたまらない!しんかい2000

宇宙にロマンを感じる方も多いと思いますが、深海もまたロマンが詰まった宝箱ですよ!

しんかい2000は日本で初めての有人潜水調査船名前の通り深度2,000mまで潜ることができます!

今は役割を果たし、えのすいで夢とロマンを与え続けているんですね!

見たことのない深海の魚や生物たちが初めて見る光。それがしんかい2000の光だったりするのでしょうか?

そんなことを考えるだけでもワクワクしないですか?

もちろん、しんかい2000が捕獲した深海生物の展示も少しですがあります。

やっぱりそこにはロマンを感じずには入られません。

さいごに

時間の関係で全てのショーは見れませんでしたが、新江ノ島水族館にはまだまだステキなショーがあるようです!

ちょっと足を伸ばせば行ける距離の方は年間パスポートの購入もオススメします!2回分の値段で水族館に行き放題なんてお得すぎます!

水族館に行き放題ということは、ショーも見放題ですよ!!

お得すぎて取り乱してしまいました。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサード リンク

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

-未分類

Copyright© 九衛門さんの幸福道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.