小さなものから大きなものまで身近に起きた幸せをお届けします

九衛門さんの幸福道

健康法 花粉

花粉の時期に旅行に行くならここ!!オススメ国内の避粉地

更新日:

スポンサード リンク

ポカポカとお出かけするにはとても良い季候になってきました!旅行にも行きたくなる季節ですよね〜!

スポンサード リンク

だけれど花粉症の僕には外に出かけるのが億劫なほどに花粉が飛んでいるようです。。。

どこか花粉の無いところへ逃げ出したい!!

切実に!

ということで花粉症患者が旅行に行くならどこがいいのか?

せっかく旅行に行くんだからたくさん写真は撮りたいし、観光地を回りたいのは僕だけではないはず!!
鼻水ズルズル、お目目カイカイを覚悟して、観光するのも気がひける。。。

そんな状況のこの時期に国内にも花粉がない場所が存在していました!しかも嬉しいことに何度でも行きたくなるあの場所です〜!!

花粉症の人じゃなくても絶対にオススメです!

さらば鼻水よ!

国内で花粉が飛んでいない場所は!?

本州は花粉にまみれているので、国内とはいえ本州から離れた離島でかつ、スギやヒノキが少ないところが旅行先としてはねらい目になりますね。
それでは、花粉がない地域をみてみましょう!!

まずは沖縄〜

少し肌寒い季節にはやっぱり南国へ行きたくなりますよね〜!!
しかも、そこにはスギ花粉もないなんて!なんてステキなんでしょう!!!

花粉症でもなんくるないさ〜〜!
と言ってもらえているかのようです!

一部では、スギ花粉もあるようですが本州ほどズルズルのムズムズになる事はないみたいです!
沖縄には人を元気にする力があるんでしょうね。

またひとつ、沖縄がすきになりました。

しかし、イネ科の花粉はあるようなので、8月~9月に花粉症の症状が出る方は控えたほうが良いかもしれません。

もうひとつ南国の奄美〜

調べて見ると結構有名なんですね〜。
しらなんだ。。。。

原始日本を感じることのできる奄美諸島。
こんなにも空と海と大自然を感じるのにスギ花粉がないなんて!!

奄美市名瀬という地域ではスギ花粉の飛散量がゼロだとか!日本でそんなところがあったなんて。。

そんな奄美に花粉症患者の心が動かないはずはない!

スポンサード リンク

東京にある楽園 小笠原諸島!

東京都にも花粉が飛ばない地域があります!

それが世界自然遺産の小笠原諸島です!
東京都は思えない原風景そして沖縄や奄美とはまた違う世界が認めた大自然を見ることができます。

難点は、花粉のピーク時期にはオフシーズンとのことで船が週に1度しか渡航しないようです。。。
なので、長期休暇が取れないとなかなか行きづらい場所ではあります。。。

卒業旅行なんかでどっぷり小笠原の自然に癒され学生を終えるのもすごく良いと思いますよ~

北に向かって北海道〜

本州に比べてスギ花粉はほとんどないといって良いほどに少ないとか!

なので、スギ花粉に悩まされることななさそうです!

しかし!北海道にはシラカバ花粉が存在します。スギ花粉症の方が移住して、しばらくは快適生活だったのにしばらくするとシラカバ花粉に悩まされるなんてなのはよくある話のようですね。

一時的な旅行なら、快適そのものなんじゃないでしょうか。

でも、春先だからといっても花粉の飛ぶ2月から4月ですからまだまだ肌寒い季節ですよね〜。

北海道かぁー。寒いかなー。

札幌の花粉時期の平均気温を調べてみましたが案の定。。。

1月 -3.6℃
2月 -3.1℃
3月 0.6℃
4月 7.1℃

激さむ!!( ;∀;)

ちなみに、関東の平均気温は大体こんな感じです↓

1月 5.8℃
2月 6.9℃
3月 10.1℃
4月 15.4℃

行くならやっぱり4月ですかね~。
でも、1度は北海道の寒さを味わってみたいものです!!

さいごに

北海道と沖縄は行きたい旅行先ランキングでも常に上位に入ってくる観光地ですよね。
おまけにオフシーズンであれば格安で旅行に行けるかもしれません。

花粉のつらい時期は、ゆっくりと避粉地で休養を取って思いっきり深呼吸をしたいものですね!

僕は北海道と奄美に行って見たいと思っていたのに、花粉がないなんてさらに行きたい気持ちが熱くなっちゃいました!!

さて、家族会議だー!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました〜!

スポンサード リンク

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

-健康法, 花粉

Copyright© 九衛門さんの幸福道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.